【相場師朗】 7step株式投資メソッド

2009年01月09日

元外為プロディーラーから学ぶ FXシステム構築実践セミナー

元外為プロディーラーから学ぶ FXシステム構築実践セミナー

FXシステムトレード。サラリーマン向け。元FXディーラーが勝者になるためのトレーディング哲学・システムトレード構築のノウハウについて解説。
元外為プロディーラーから学ぶ FXシステム構築実践セミナー



アナタはFX取引で継続的に利益をあげたいと、
心の底から望んでいますか?

利益をあげ続けるためにFXトレーダーが学ぶべき、
3つの勝者のルールを知っていますか?



いま、FXはさまざまなメディアで取り上げられています。

ここ1年で大手FX取引業者の口座数が2倍になるなど、
マーケットは拡大の一途をたどっています。



FX取引は、

●少ない資金でも取引が可能

●売買手数料が非常に安い

●毎日口座に入ってくるスワップ収入がある

●レバレッジ取引により大きな為替差益を狙える
●24時間取引可能

などのメリットが大げさに露出され、
初心者でも高いリターンを簡単にあげられるかのように取り上げられています。


しかし、これは大きな誤解です。



事実、2007年8月のサブプライムショックでは、
1週間で10円もの急激な円高になりました。

そのため、高金利通貨を買っていた多くの投資家が
わずか数週間で致命的な損失を被ったのです。


その総額は、
なんとFXの預かり資金全体の4割にのぼるといわれています。



このときFXを取引していた投資家の平均レバレッジは 6〜7倍でした。

高いレバレッジに高いリスクがあるという認識が低かったことが
大きな損失を出した一つの原因として考えられます。





このように大半の投資家が売買戦略もなくリスク管理も行わず、
スワップ収入を期待して、高レバレッジでリスクをとりすぎ、
資金を失ってしまっているのが現状です。





もし、アナタがまだ有効なリスク管理術を持ち合わせていないとすれば、今後敗者になる確率は極めて高いといえるでしょう。



では、FXで継続的に利益をあげるためには
どうすればよいのでしょうか??



今回講師を務めて頂く、山口祐介氏は
元プロの外国為替取引ディーラーとして、
多くの破滅したトレーダーを見てきました。



そして、敗者となったトレーダーの傾向や原因を分析することで、
『勝者になるためのトレーディング哲学』を確立し、
現在は、相場で10万円の資金を1億円にまで増やしました。


今回は、その山口氏から、

(1)勝者になるためのトレーディング哲学
(2)勝つためのシステムトレード構築のノウハウ

の2点を学びます。



それでは、勝者になるための哲学とは一体どのようなものでしょうか?

山口氏は著書『外為FX 勝者の条件』で
勝つために理解する必要がある、勝者の3つのルールを提示しています。



(1)相場は不確実なものであるということを理解する
  ⇒相場(マーケット)には絶対はない


(2)未来など分かるはずがないということを心の底から理解する
  ⇒トレードの本質は「変化に対応するゲーム」である

(3)売買テクニックよりも大切なものがあると言う事実を理解する
  ⇒勝敗の90%は心理が決める




山口氏もこれらの相場の本質を心の底から理解するまでに、
裁量でトレードを行い、高い授業料を払ったといいます。



そして、これから長く相場で勝ち続けるために、
たどりついたひとつの結論があります。



それが、売買タイミング、資金量ともに、完全にルールに決めて売買を行う統計的根拠に基づいたシステムトレードです。



山口氏は現在、エクセルを用いて検証を行い、
システムを構築し、高い成果を上げています。


以下の検証結果をご覧下さい。



これは今回のセミナー用に、 山口氏がエクセルを使って作成した
ブレイクアウト理論をベースとしたデイトレードシステムです。



ユーロ/ドルで、安定した損益曲線からも
良いシステムになっていることが分かります。



今回のセミナーでは、
短時間でシステムトレード構築のポイントを抑えて頂くために、
上記のシステムを 題材にして、エクセルを用いてシステム構築の流れを学びます。



あわせて、ロジックの説明と応用性、そして、その解説の過程でシステムの優位性や評価方法についても学びます。



このセミナーで実践的なシステム構築の概要を知った後は、
自分なりの多彩なオリジナル戦略を構築することができるようになるでしょう。



---山口祐介氏よりコメント---

今年に入ってからのFXマーケットは以前にも増して
混沌さを増しているような気がします。

トレンドは分かりづらく、また、レンジ相場であっても非常にボラティリティの高いレンジ相場になる場合も多く、レバレッジの設定の仕方によっては大金を失ってしまうトレーダーも少なくないようです。



そういった中で、システムトレードが注目されてきています。

確かに、システムトレードは裁量トレードにはない多くの利点、そして、多くの可能性に満ち溢れています。

自身のトレード行動をシステマティックにすること
で今後のトレード人生が劇的に変わるかも知れません。



しかし、システムトレードに誤解をしている人も少なくはありません。
システムトレードにすれば必ず勝てると思っている人がいますが、100%勝てるトレードシステムなど、この世には存在しません。



本セミナーでは、システムトレードにおける誤解を解くと同時に、システムトレーダーになる上で必要な考え方やシステムトレードの流れについて取り上げます。



また、その前段階としてメンタルマネジメントやマネーマネジメントの重要性にも言及します。

さらに、自身が前職でFX会社でディーリングをしていた経験から、FX会社の収益構造やディーラーサイドから見た取引会社選びの基準についてもお話できればと考えております。



本セミナーを受けることで、システムトレーダーとしてのスタートラインに立つことができ、今後のトレード戦略のヒントが見つかれば幸いです。





山口氏は、
『今後安定して勝ち続けていくためには、
システムトレードしかないと思った。』
と語っています。





今回は、システムトレードの構築のプロセスや運用方法に重点を置き、
あわせてFXで勝つために必要な知識や心理面についても学びます。



FXのシステム構築により利益をあげたい方は、
今すぐ本DVDにお申込み下さい。
元外為プロディーラーから学ぶ FXシステム構築実践セミナー





【講義概要】

●FX会社側から見たFX取引

主な収益構造
カバーディーリング
スワップ
スプレッド

●会社選びの基準

自分のトレードスタイルを理解する
変動スプレッド OR 固定スプレッド
リジェクトの有無
早朝メンテナンス
手数料無料 OR 手数料有料
カウンターパーティ

●優先順位
メンタルマネジメント
マネーマネジメント
戦略

●システムトレードとは?

システムトレードにおける誤解
システムトレードの一番の難しさ
裁量トレードとの葛藤

●システムトレードの流れ

データの取得
戦略の構築
バックテスト
フォワードテスト
デモトレード
リアルマネーテスト
posted by 克つため at 20:01 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本株・中国株・BRICs・FX有料メール会員獲得、セミナー