【相場師朗】 7step株式投資メソッド

2009年01月09日

FXスイングトレード投資技術実践

FXスイングトレード投資技術実践

年率100%以上の運用を続けるドクター田平の投資哲学とFXスイングトレード投資技術実践セミナー



FXスイングトレード。サラリーマン向け。勝ち続ける投資哲学・投資戦略の考え方について指南。テクニカル投資で大きく利益を上げたい方向け。
FXスイングトレード投資技術実践セミナー



講座趣旨

あなたはなぜ自分が投資で勝てないかを、考えたことがありますか。

FXに限らず、投資の世界には、
負け続けている人たちがたくさんいます。

一時の良い相場を経験するにせよ、そういう人たちは
常に負け続けています。


では、なぜ負け続けてしまうのでしょうか?


その理由は単にその時々のアクションの是非にあるのではなく、

「確率的に正しくない」、言葉を言い換えれば「非合理的な投資行動を続けている」ことが、根本的、そして最も重要な要因であることが多いのです。

実はそれとは対照的に、
「常に勝っている人」というのも存在しています。

それでは、
勝つ投資家は、なぜ勝ち続けるのでしょうか?

ただ単に銘柄選びが良かったり、仕掛け方がうまかったり、
たとえばテクニカル指標の使い方がうまく行っているからなのでしょうか?


答えは、否です。

長く投資生活を続けて、勝っていくためには、
より「勝つ可能性が高い投資行動をする」ことが不可欠で、
これが重要なポイントになります。

では、勝つ可能性が高い投資行動とは、いったい何なのでしょうか?


それは、確固たる投資哲学に裏打ちされた投資行動です。

実は、今回講師をしていただく田平氏は、
確固たる投資哲学に裏打ちされた
FXによる投資で、高い実績を上げ続けています。

FX界では、非常に認知度の高いドクター田平氏。

以前開催した田平氏のFX(外国為替証拠金)セミナーは
あっという間に満席となりました。


そして、前回講義をしていただいた2005年以降も、
現在に至るまで常に高い成果を出し続けています。


実は、田平氏は今回のサブプライムショックによる円高時が、2007年で一番利益を上げたということです。

田平氏が用いているMACDを使った投資技術は、
過去数年においては為替相場に相当な適合性を持ち、
利益が上がる可能性が高かった事実があります。

そして、現時点でもまだその効能は落ちていないため、
田平氏自身、その手法に改良を加えながら利益を稼ぎ続けているのです。

田平氏は、現在、FXに投資する理由を、大きく2つ挙げています。

●円建て資産のリスク分散
「ポートフォリオ理論によれば、リスクは分散し、利益を最大限挙げる方法を計算で算出します。
大局的にみて円建て資産には価値下落のリスクがあります。
いま、外貨投資(FX)を行うことは、リスク分散にもつながるのです。」

●手数料を上回る金利があれば、有利な戦いが出来る
勝率が5割以上、損小利大なら投資で確実に勝つことが出来ます。

そのため、手数料をはるかに上回る金利を得られる、「高金利通貨の買い」を基本戦術にした投資戦略を行っています。

外国為替証拠金取引は、金利の面では

「現在明らかに有利な状況下にある。」と捉えています。

以下に、現在の各国の政策金利を簡単にまとめました。

日本 0.50%
アメリカ 5.25%
イギリス 5.75%
カナダ 4.50%
ユーロ 4.00%
オーストラリア 6.50%
ニュージーランド 8.25%

円で外貨を買い建てることにより、円と、外貨の金利差がスワップ収入として手元に毎日入ってきます。

たとえば現在オーストラリアドルを、10000ドル購入したと仮定します。

10万円の証拠金で、10000ドルの豪ドルを購入した場合、1日なんと140円程度の金利収入が手元に入ってきます。

これは、年間に直すと、約5万円。

豪ドルと円の水準がこのまま変化しなかったと仮定すると、何も売買することなく、年利50%の運用益を手にすることが出来るのです。


以上が、田平氏が数ある投資商品の中でFXを選択する理由です。

そして、田平氏はFXの投資で成功するために必要な要素は、
以下の3つだと言います。

(1)FX(外国為替証拠金取引)とは何か、そのしくみ、外貨で投資を行うことの意義を理解し、身につけること

(2)投資とは何か、儲け続けるためにはどういう行動が必要なのか、それを裏打ちする投資哲学のあり方、投資に際して克服すべき心理的要因などを理解し、身に着けること

(3)投資哲学に裏打ちされた投資行動を、具体的なアクションに結びつけるための投資技術、すなわちFXトレードに勝つための投資鉄則を理解し、身につけること

本セミナーでは、入門的な知識を既に身につけている方々に向けて、
上記(2)、(3)に当たる、投資の実力をワンランク上にするための知識を体感し、自分のものとすることを目的としています。

(2)については、儲け続けるための投資行動をとるための、投資哲学のあり方を学びます。

(3)の投資技術、投資鉄則については、実践的なシーンにおいて、
テクニカル指標をどう見て、どう仕掛け、どう手仕舞い、どう損切りするかといった、具体的なアクションについて学びます。

田平先生が日頃使用しているチャートを使って、

仕掛けのポイント、利食いのポイントを説明していきます。

MACDや、スローストキャスティクス、その他のテクニカルを活用した

トレード手法をご覧になった方は、

きっとすぐにでも外国為替証拠金取引をはじめたくなることでしょう。

●ここで、2006年末から2007年にかけての米ドル-円の動きをご覧ください。



これは、田平氏の用いる手法の一部を、
参考までにかなり簡略化して、お伝えしたものです。

MACDのクロスとスローストキャスティクスを利用して、
青丸のポイントで買い付けて、赤丸のポイントで売るというものです。

このトレードでは、約25日間で為替差益で2.25円分の
キャピタルゲインを得たことになります。


今回のセミナーでは、田平氏が現在使っている、
このMACDやストキャスティクス、その他のテクニカルを
用いた具体的な投資技術について、チャートの具体例を見ながら学びます。

★田平氏からのコメント★

前回のエンジュクさんのセミナーから2年ほど経ちました。
私自身、現在は、前回お伝えした内容をさらに進化させて
トレードを行っています。

今回は、これまでの知識に加え、私が実際に使っているスキルを交えながらさらに実践的な内容をお伝えしたいと思います。

ある程度FXの投資をされていて、思うように成果が伸びていないという方にご参加いただきたいと思っています。


あなたは、これら投資哲学、投資技術を知らずに損をしていませんか?

田平氏から直接具体的な戦略を学ぶことで、
FXで勝つための強力な武器を手に入れることになるでしょう。

合理的な投資行動が、勝ち続ける投資家に必須の資質です。

あなたも、田平氏のように利益を上げ続けられる投資を行えるよう
今すぐこの確固たる投資哲学と投資技術を学んでください。
FXスイングトレード投資技術実践セミナー




【講義概要】

1 資金管理の重要性

2 資金管理の具体的方法

3 最大ドローダウンに対する考え方
4 投資心理の把握
5 時間軸の概念
6 投資行動確率論
7 統計学と確率論の理解 
8 投資哲学と投資原理
9 確率の非対称性
10 ファンダメンタル+テクニカルの活用
11 ファンダメンタルの活用
12 テクニカル指標の活用
13 乖離率
14 MACD以外の有用なテクニカル指標
15 為替に有用なチャートサイン
16 ストキャスティクスラプチャー
17 チャネル 
18 レジスタンスラインとサポートラインの徹底活用
19 ロスカットの具体的な位置
20 ロスカット後の戦略
21 投資テクニックとストラテジー
22 逆張りの手法
23 ピラミッディングの実戦的方法
24 ニュースリターンリバーシブル
25 通貨ポートフォリオ
26 ペアトレード
27 投資3禁とは
28 リスク測定方法
29 暴落のチャートパターン
30 新しい投資手法の発見方法
質疑応答FXスイングトレード投資技術実践セミナー
posted by 克つため at 20:06 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本株・中国株・BRICs・FX有料メール会員獲得、セミナー