受講生の約9割がプラスの運用実績

2009年09月12日

大人気のFXカリスマトレーダーが、遂に登場!!

大人気のFXカリスマトレーダーが、遂に登場!!

大相場を予測してきた陳満咲杜のマル秘テク!!



大人気のFXカリスマトレーダーが、遂に登場!!

大人気のFXカリスマトレーダーが、遂に登場!!
自身の著書『FXトレーディングの真実』の中から、

* チャネル・ディスカバー
* ブレイクアウト&ダブル・アップ
* MA線システムの応用
* RSIの見方と応用

などを、図表を使いながら補足説明を加えながら
徹底的に・分かりやすく解説します。

あなたを勝てるトレーダーへと導きます!!

■講師コメント

日本におけるFX取引の普及は、あるイタリア人とアメリカ人の名前を広く世に知らしめました。
即ちフィボナッチとエリオットであります。

しかし、気取って難しい理論を語れたとしても、
正しい使い方を知っているトレーダーは一体何人いるでしょうか。
その上、アナリシスではなく、トレーディングに使える基礎的な
テクニカル・メソッドに関する知識と訓練の欠如が、
投資家の損失を拡大させるといったリスクもあります。
たとえば、移動平均線しか知らないトレーダーと比べ、
「今の相場は強い上昇3波にいる」と固く信じるトレーダーのほうが、
下落傾向にある移動平均線のシグナルを意識的に無視する傾向にあります。

このような現象を改正すべく、今回は「初心」に戻って、
すべてのテクニカル・メソッドの基礎となるラインの引き方、
トレンド系の代表となる移動平均線の見方、オシレーター系指標の代表となるRSIの見方、
使い方に絞り、基本の再認識と勉強に努めました。
皆さんの次なる飛躍の土台になれば、無上の喜びです。

陳満咲杜

■チャネルのブレイクアウト&ダブル・アップ

トレンドラインによってチャネルが描かれ、チャネルが長ければ長いほど、
上昇チャネルにいけるサポートラインとレジスタンスラインの重要性とインパクトは増していく。
当然のように、いつまでも続くチャネルは存在しないし、チャネルのブレイクアウトも必ず起こされる。
一方、チャネルのブレイクアウトは必ずしもトレンドの反転を意味するわけではなく、
多くの場合、角度を修正した新たなチャネルを形成していく。

トレーダーにとっては、チャネルのブレイクアウトはトレーディングのチャンスと見なされる。
値動きが激しくなり、ブレイクアウトした方向に張っていけば、手早く利益を取れるだけではなく、
新たなチャネルの形成をある程度予想できれば、より長いスパンにおいて、
しっかりとしたトレーディングプランを練られるといった期待も持てる。
こういった期待にもっとも応えてくれるのはダブル・アップというメソッドだ。

『FXトレーディングの真実 第八章 チャネルのブレイクアウト&ダブル・アップ』より


大人気のFXカリスマトレーダーが、遂に登場!!

■プログラム

* トレンドとトレンドフォローの本質

o ユーロ/英ポンド 2006/9/19〜2008/5/22
o 英ポンド/円 2008/6/17〜2008/11/28
o ユーロ/ドル 2000/6〜2008/9
o ユーロ/ドル 年足
o ドル/円 週足
o ドル/円 年足

* ラインの引き方と役割

o 英ポンド/ドル 日足
o ドル/円 日足

* チャネル・ディスカバー

o ユーロ/ドル 日足
o 英ポンド/ドル 日足

* ブレイクアウト&ダブル・アップ

o ユーロ/ドル 日足

* MA線システムの応用

o 英ポンド/ドル 日足
o ユーロ/ドル 日足
o ドル/円 日足

* RSIの見方と応用

o ドル/円 日足
o ユーロ/ドル 日足
o 英ポンド/ドル 日足

* ブレイクアウト・シグナル

o ユーロ/ドル 日足

* パーフェクト序列

o ユーロ/ドル 60Min

* ブレイクアウト・シグナル

* パーフェクト序列

o 英ポンド/ドル 60Min

* パーフェクト序列の失敗例

o ドル/円 60Min



posted by 克つため at 18:28 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本株・中国株・BRICs・FX有料メール会員獲得、セミナー
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。