受講生の約9割がプラスの運用実績

2012年12月16日

私は基本的にFXも手間のかかるデイトレとかはやりません

私は基本的にFXも手間のかかるデイトレとかはやりません
私も、2009年2月に、オーストラリアが公定歩合をあげる方向に転換してから、
オセアニア通貨を中心に円キャリートレードを再開して、現在も継続しています。

手間をかけずに安定的に儲けるFXキャリートレードセミナー

私は基本的にFXも手間のかかるデイトレとかはやりません。
FXもどちらかといえば、中長期投資という観点でやります。


おまけに、現在は、多額のスワップ金利がもらえるという有利な状況にあります。


個別株の株式投資もやっていますが、出来高などの流動性の観点から、
あまり大きい金額を投資することはできません。


しかしながら、FXであれば、10億円くらいの取引も瞬時に可能です。
大きなポジションをとっても、24時間瞬時に決済も可能性です。


このキャリートレードは資金が多いほど有利です。


私は、現在証拠金を2000万円くらいこの取引に投入しています。
現在は、会社の口座も含めて、豪ドル2百万くらいのポジションを持っています。


今は1万ドル(1枚)につき毎日100円もらえるので、
これで毎日約2万円(200枚x100円)のスワップ金利を稼いでいます。


市場が休みであろうがなかろうが、毎日、
このスワップ金利はもらえるので、不動産投資感覚です。


なので、毎月60万円ほど、スワップ収入が入ることになります。
1年間ほったらかしにすれば、720万円にもなります。


しなしながら、この取引にもリスクがあります。


2007年頃から2008年くらいにこの取引をやっていた方は多くが、
急激な円高によって、大損をして市場からの撤退を余儀なくされています。


大切なのは、大局観をもってやることなのですが、案外これは簡単です。


特別に大きく為替レートが動くような時以外は、
週に一回くらい、簡単な市場チェックと口座のチェックしかしていません。
実際それだけで十分です。たぶん、一週間に30分もあれば終わります。


この前は、会社の口座で、IFD(イフダンオーダー)が発動して、
手仕舞いして利食いが入ったことも知らずにいました。


約1か月ぶりくらいに口座残高とポジションをみて、
利食いが入ってポジションが小さくなっていることに気づかなかったくらいです。

あと数年はこのキャリートレードを続けるつもりでいます。
おそらく、投資資金は、2年くらいで倍くらいになることを想定しています。

私は基本的にFXも手間のかかるデイトレとかはやりません


posted by 克つため at 15:23 | 群馬 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本株・中国株・BRICs・FX有料メール会員獲得、セミナー
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。