【相場師朗】 7step株式投資メソッド

2016年06月18日

【3月決算配当金いつ?】2016年「双日」から受け取る事ができる?

決算3月末日の双日から、配当金を受け取る事ができました。
2016年6月17日に期末配当金領収証を受け取れました。


双日の株を、3月末日に保有していたとは
意識なかったし、覚えていませんでしたが・・・

決算3月末日の株の配当金って
約3か月後の6月ごろに受け取る事ができるんですね。


月曜に早速配当金領収証を持って
郵便局の窓口に行こうと思っていますが

もう一度、しっかり、双日から受け取る事ができた
配当金の事を確認してみたいです。

確認には、第13期期末配当金計算書をみてみます。

ご所有株式数 500株
1株当りの配当金 4円
配当金額 2,000円
所得税額 306円
住民税額 100円
差引配当金額 1,594円


額面上では、「配当金額 2,000円」もらえるはずなのに
配当金受け取りに関しては
税金がかかってしまう。その税金が所得税と住民税。
しっかり、その税金を徴収後の金額として
配当金を受け取る事ができます。


その、純粋に受け取れる税金除かれた金額が
「1,594円」という事になりました。

そして、双日から2016年6月17日に受け取った
配当金は、1株当りの配当金が4円という事ですが

「双」
株主通信 2016年夏号
をパラパラと確認してみた感じでは

今回の1株当りの配当金が4円、これが期末配当

「年間配当 8.0円」とさせて
あくまでも、2016年6月17日の配当金が期末という事で

「中間」配当金もあったようです。
そして、その「中間」配当金も4円だったようです。

その為、双日の配当金って考えると、年間では
「年間配当 8.0円」となるという事のようです。


posted by 克つため at 09:58 | 群馬 ☔ | 日本株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本株・中国株・BRICs・FX有料メール会員獲得、セミナー