受講生の約9割がプラスの運用実績

2012年10月14日

外国為替保証金取引とは

外国為替保証金取引とは

松井証券ホームページより


NetFx(外国為替保証金取引)
NetFx(外国為替保証金取引)は、実際の取引金額よりも少ない資金で、大きな額の外貨を売買可能にする取引手法です。外貨を対円で「売り」から始めることができるため、円高が進行している最中にも利益を上げる機会があります。

また、平成24年1月1日以降、店頭デリバティブ取引の差金等決済に係る雑所得等も、先物取引に係る雑所得等の課税対象として、一律20%の申告分離課税になりました。これにより、平成24年1月1日以降のNetFxでの譲渡損益は、国内の先物・オプション取引、大証FX取引との損益通算が可能になりました。(夜間先物取引との損益通算はできなくなりました。)

NetFx(外国為替保証金取引)なら外貨を対円で「売り」から始めることができるため、外貨預金・外貨MMFでは対応できない円高進行中でも利益を上げる機会があります(※)。
また、お客様からお預りした現金を保証金として、実際の取引金額よりも少ない資金で大きな額の外貨の売買が可能で、ロスカット幅を相場状況に応じて設定することにより損失許容額と取引に必要な保証金額を変更することができます(※)。

※NetFx(外国為替保証金取引)は差入れる保証金額と比較して取引金額が大きいため、差入れている保証金を超える損失が発生する可能性があります。
※急激に為替価格が変動した場合、ロスカット機能で設定した価格から大きくかい離した値段で約定する可能性があります。その結果、当初設定していたロスカット幅を超えて差入れている保証金額を上回る損失が発生することがあります。
posted by 克つため at 16:26 | 群馬 ☔ | 外国為替保証金取引とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本株・中国株・BRICs・FX有料メール会員獲得、セミナー