受講生の約9割がプラスの運用実績

2010年11月27日

NYダウ・ナスダック指数を利用したFXスキャルピングトレード

NYダウ・ナスダック指数を利用したFXスキャルピングトレード

株価と通貨の相関性を見た目で判断できる!

石田高聖の投資塾





DVD NYダウ・ナスダック指数を利用したFXスキャルピングトレード

指数スキャルピングとは、NYダウ/ナスダックと通貨の連動性の
高いときにトレードを行う戦略です。

5月以降、大荒れの相場が続いており、これまでのトレード手法では
早い動きに対応できなかったり、損したりと散々な事になっている方も
多いのではないでしょうか?

そんな環境の中でとても有効な手段の一つとして、
“株価の動きに合わせる”トレードをしてみようと思い最近行っているのが、
ナスダックの動きを参考にして売買する方法です。


ナスダックの1分足とティックチャートです。
この上下にあわせてタイミングを計り、スキャルをします。

■ プログラム

1. 指数対比トレード実施の理由
* 相場背景による理由― 危機に敏感な相場展開に
* 時間と相場環境の理由

2. 株価との連動性について
* 株価等の動向が“リスク”を推し量るバロメータ的存在になる!

3. “鈴木流”NASトレードのポイント
* 連動性を見極めるポイント
* 取引時間のポイント
* 売買するポイント
* 売買をしないポイント
* NASDAQ と DJI の比較
* 連動性と感応度の分析
* 使用ツールについて(1)〜(2)

4. 株価の方向性判断方法
* シンプルなテクニカル売買

5. トレードする際の注意事項
* 参入や時間枠

■ DVDのポイント

変動幅が高いとき変動幅の低い通貨を、株価の動きがリスクを推し量るバロメーターとなる
連動性が高いのか?低いのか?の確認方法
一日に5回〜10回行う事をスキャルピングトレード
心理的にゆとりが持てる勝率を目指す
株価の動きを利用する戦略
エントリポイント
エグジットポイント
損失/利益幅のポイント
取引する時間帯

■ こんな方にお薦めです

トレードで安定した収益を築きあげたい方
夜にトレードしたいサラリーマン投資家
利益を上げているトレーダーのコツを学びたい方
目的に到達する時間を短縮したいと考えている方

FXで儲けたい
FXでガンガン稼ぎましょう。
本物のFX売買履歴配信サービス


posted by 克つため at 15:44 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

待つFX〜1日3度のチャンスを狙い撃ちする〜

待つFX〜1日3度のチャンスを狙い撃ちする〜

相場に勢いをつかんで勝負する
損小利大の売買をメタトレーダーで実践

FXで儲けたい





私たち素人が市場からお金をもらえるときは
きちんと動いている(勢いがある)ときだけです。

本書で紹介する方法は、「MetaTrader4」を使った驚くほどシンプルなものです。難しい考え方や手法はひとつもありません。あえて極論するならば、方法さえわかれば、小学生にでもできるようなものだと思います。なぜなら、すべきことが決まっているからです。

本書のテーマは、タイトルからもわかるように「待つ」ことです。勝負に出て負けてしまうときは、多くの場合、勢いがない(動かない)ときにエントリーしてしまうことだと著者は語っています。要するに、簡単にエントリーしすぎるからうまくいかないのだと。このことを踏まえて、“勢いのある(動く)時間帯まで待って、実際に勢いがついてからエントリーしてください”と本書では強調しています。

ここで、「実際に、勢いがつく時間帯は1日に何度ほどあるのか」といった疑問が出てくるかもしれません。このことについても、詳しく触れています。答えを先に言ってしまえば「9時〜11時前後」「15〜18時前後」「23〜24時前後」の3つになります。これらは、机上の空論から出た結論ではありません。著者が何年も書きためたノートを分析して導き出し、結果を残してきた結論です。

さらに、勢いがついたか否か(相場が動いているか否か)をとらえるにはどうしたらよいのかについてもページを割いて解説しています。ここで見るべき指標は「ADXDMI」と「BBand Width Ratio」の2つです。この2つがどういう動きをすれば「勢いがついていると判断できるか」について何度も何度も解説しています。

本書では、命題でもある「勢いをつかんでからエントリーする」というメッセージが少しでも多くの方にわかりやすく伝わるように以下の構成にしてあります。

第1部:第1章〜第3章
「FX を始めるならば知っておいてほしいこと」として、簡単にエントリーしてはいけないことや、私が毎日確認している情報などについて紹介しています。

第2部:第4章〜第8章
「えつこ流FXの実践方法」として、勢いをつかんでエントリーする方法や決済の仕方、枚数の増やし方、行動プログラムなどの話を展開しています。

第3部:第9章〜第10章
「知識を“技”に昇華するために」として、チャートに慣れるための練習方法や、本書の内容をきちんと理解したかどうかを確認させる問題集を載せています。

このほかにも、「1日、どう行動すべきか」をあらかじめ確認できるチェックシートや、●月○日にはどう動くべきかを説明した「FXカレンダー(2010年8月〜12月まで)を特典として載せています。

今、思うように利益が出せていない人、利益も出せるが損失も出してしまう人など、“うまくいっていない”と感じている人は、ぜひ本書を手に取ってください。何かのきっかけになると思います。
ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄

エンジュク株投資セミナー
石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ

タグ:待つFX
posted by 克つため at 15:41 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兄貴流FXトレード術 酒田五法とスキャルピング手法

兄貴流FXトレード術 酒田五法とスキャルピング手法

リアルタイムのチャートを実況解説!
使える手法かそうでないかは、ご自身で直接ご確認ください!

石田高聖の投資塾






DVD 兄貴流FXトレード術 酒田五法とスキャルピング手法


リアルタイムのチャートを実況解説!
使える手法かそうでないかは、ご自身で直接ご確認ください!

■講師/兄貴からのコメント

このDVDでは、私のトレードの基本になっている部分をご紹介しております。
ローソク足の見方や酒田五法の見方、移動平均線の使い方等の基本的な知識と
トレードで勝ち残る為のメンタルの部分を、トレード初心者にもわかりやすく解説しております。

トレードで勝つ為のノウハウをどのように得ればいいのか?

これは誰でもが考える事だと思います。
この簡単な答えは「今、勝っている人から盗む」これが一番です。

世の中にはアナリストと呼ばれる人、世界経済に詳しい人、
ファンダメンタルズに詳しい人が数多くいます。しかし、詳しい人と勝っている人は違います。

現役のトレーダーとして、現在私がどのように売買して勝利しているのか?
何を考えて相場を見ているのか?

という私のトレードノウハウをチャートや取引履歴を交えて、嘘偽りなくご紹介しております。

兄貴

■プログラム

1.チャートの基本

* ローソク足の見方
* 覚えておきたい基本的なカタチ
* 酒田五法の基本
* 組み合わせのパターンを覚える
* 移動平均線の基本
* 相場の流れを知る

2.スキャルピングトレード手法

* トレード検証
兄貴の過去のトレードを実際のチャートと共に検証

* 酒田五法のパターンを探す

* トレードの要はリズム
陰線・陽線のリズムを知り、1,2,3でトレードする

* エントリーとクローズのポイント
酒田でエントリーして、決済の目標値を移動平均線で予測する。

3.リアルチャート検証

4.メンタルコントロール

* 気持ち次第でトレード脳が動き出す
* 損失とメンタル
* 資金管理

FXで儲けたい
FXでガンガン稼ぎましょう。
本物のFX売買履歴配信サービス
タグ:FXトレード
posted by 克つため at 15:40 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月08日

待つFX〜1日3度のチャンスを狙い撃ちする〜

待つFX〜1日3度のチャンスを狙い撃ちする〜

相場に勢いをつかんで勝負する
損小利大の売買をメタトレーダーで実践
FXで儲けたい
FXでガンガン稼ぎましょう。







私たち素人が市場からお金をもらえるときは
きちんと動いている(勢いがある)ときだけです。

本書で紹介する方法は、「MetaTrader4」を使った驚くほどシンプルなものです。難しい考え方や手法はひとつもありません。あえて極論するならば、方法さえわかれば、小学生にでもできるようなものだと思います。なぜなら、すべきことが決まっているからです。

本書のテーマは、タイトルからもわかるように「待つ」ことです。勝負に出て負けてしまうときは、多くの場合、勢いがない(動かない)ときにエントリーしてしまうことだと著者は語っています。要するに、簡単にエントリーしすぎるからうまくいかないのだと。このことを踏まえて、“勢いのある(動く)時間帯まで待って、実際に勢いがついてからエントリーしてください”と本書では強調しています。

ここで、「実際に、勢いがつく時間帯は1日に何度ほどあるのか」といった疑問が出てくるかもしれません。このことについても、詳しく触れています。答えを先に言ってしまえば「9時〜11時前後」「15〜18時前後」「23〜24時前後」の3つになります。これらは、机上の空論から出た結論ではありません。著者が何年も書きためたノートを分析して導き出し、結果を残してきた結論です。

さらに、勢いがついたか否か(相場が動いているか否か)をとらえるにはどうしたらよいのかについてもページを割いて解説しています。ここで見るべき指標は「ADXDMI」と「BBand Width Ratio」の2つです。この2つがどういう動きをすれば「勢いがついていると判断できるか」について何度も何度も解説しています。

本書では、命題でもある「勢いをつかんでからエントリーする」というメッセージが少しでも多くの方にわかりやすく伝わるように以下の構成にしてあります。

第1部:第1章〜第3章
「FX を始めるならば知っておいてほしいこと」として、簡単にエントリーしてはいけないことや、私が毎日確認している情報などについて紹介しています。

第2部:第4章〜第8章
「えつこ流FXの実践方法」として、勢いをつかんでエントリーする方法や決済の仕方、枚数の増やし方、行動プログラムなどの話を展開しています。

第3部:第9章〜第10章
「知識を“技”に昇華するために」として、チャートに慣れるための練習方法や、本書の内容をきちんと理解したかどうかを確認させる問題集を載せています。

このほかにも、「1日、どう行動すべきか」をあらかじめ確認できるチェックシートや、●月○日にはどう動くべきかを説明した「FXカレンダー(2010年8月〜12月まで)を特典として載せています。

今、思うように利益が出せていない人、利益も出せるが損失も出してしまう人など、“うまくいっていない”と感じている人は、ぜひ本書を手に取ってください。何かのきっかけになると思います。


著者紹介
えつこ
毎月10万円からスタートして、月末には数百万円にまで膨らませる専業主婦トレーダー。 SEとして銀行や証券会社に勤務し、その後、ソフト開発の会社も経営していたが、息子を妊娠後、専業主婦になる。今は専業トレーダーとなり、相場の勢いをつかむ方法を独学で学び、毎日トレードに励んでいる。FXの利益で、発展途上国の子供たちや貧困層を援助する財団を設立することが夢。

目次
序章

* FXとの出合い
* 初期のトレード
* チャートに取り組んだ日々
* ノートに記録をつけ始める
* ノートに夢を書き続けた日々と、レンジ相場の対策ができない日々の繰り返しで……
* FXをして利益を上げている人が身近にいない。FXについて話せる人もいない
* 2年目のある日。腹が立って、私はノートを破った!
* 私の質問に答えてくれたブログのおかげで立ち直りのきっかけが見えてきた
* ADXDMI とBBand Width Ratio との出合いで謎が解けた!
* 本書の構成

【第1部】FXを始めるならば知っておいてほしいこと
第1章 FXは簡単に勝てる投資ではない

・市場は生きている
・簡単にエントリーしてはいけない
・損をするのになぜ何度もエントリーしてしまうのか
・市場はあなただけを見ていない

第2章 スキャルピングをする場合は相当な覚悟が必要なことを理解しておきましょう

・1分足スキャルピングをメインにしていたころ
・スキャルピングには体力が必要
・超スキャルピングは私には無理です
・「損もよし」としてはいけない

第3章 トレードする時間をマネジメントしましょう〜タイムマネジメントについて〜

・マーケットの特徴からトレードする時間を見極める
・トレードのタイムマネジメントをする
・各国のマーケットオープン時間を知る
・トレンドの発生しやすい時間帯を知ってください
・各国での休日について
・ゴトー日の値動きについて
・ずっとレンジ相場だった場合にはどうするのか
・前日のNYダウの動きを把握すること
・主な指標とその前後の動きを知りましょう
・ファンダメンタルによる予想
・3月・4月・8月・12月について
・1日の値幅について


【第2部】えつこ流 FXの実践方法
第4章 勢いをつかむ方法
〜勢いをつかんでからエントリーする〜

・FX=ギャンブル性が高い理由
・安心してトレードするために必要なこと
・勢いがあるときとは
・市場の勢いをつかむ戦略を確立しておく
・それでも逆に動いたとき
・大きく動いた後、これは特に難しい
・勢いをつかむ範囲
・エントリーのステップについて

第5章 決済の基準と損切りについて
〜欲張らずに、機械的に〜

・決済のタイミングはボリンジャーバンドで
・決済の数字的目安
・決済するときに思い出してほしいこと
・損切りについて
・エントリーしてから決済までの緊張
第6章 どういうときに枚数を増やすのかについて

・簡単に枚数を増やしてはいけない
・月初は枚数を増やしてはいけない
・第2月曜日に枚数を増やしてはいけない
・私の枚数の増やし方
・私が大きく枚数を増やすとき

第7章 FXの行動をプログラムしましょう

・FXトレードの行動をプログラムする
・トレードルールに対する姿勢
・怠ったときに損をした
・コラム:サラリーマンの方がFXに取り組むには

第8章 事例紹介
〜私のある日の動きとモニターさんの感想〜

・2010年7月6日(火)のトレード
・2010年7月7日(水)のトレード
・2010年7月8日(木)のトレード
・行動プログラムを実行した実践者の感想


【第3部】知識を“技”に昇華するために
第9章 チャートに慣れてください
〜チャートに慣れる練習をしよう〜

・チャートの動きには慣れたほうがよい
・Strategy Testerで練習する
・Strategy Testerを表示する
・何を練習するのか

第10章 確認問題集
〜本書の中身を簡単にCHECK !〜

・トレード前の準備編
・トレード時間のタイムマネジメント
・エントリーのタイミング
・決済のタイミング
・損をした場合と利益が取れた場合の行動
・トレード後の行動

まとめ
苦労して頑張って
本当に良かったと思える毎日です

・時間と気持ちに余裕を持ってトレード
・実際の私のノートです
・ブログを活用
・今後の展望

特典1
「毎日、どう動くべきか」がチェックできる
行動プログラムチェックシート

特典2
●月●日にどう動くべきかが一目でわかる
FXカレンダー(2008年8月〜12月)

巻末付録
メタトレーダー4の使い方について
よく聞かれる質問集

あとがき



エンジュク株投資セミナー
石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ
posted by 克つため at 05:36 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テクニカル分析を徹底活用 FXトレード実践セミナー

テクニカル分析を徹底活用 FXトレード実践セミナー

プロの実践テクニックを是非この機会に学んでください。

ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄







今、もっともホットなFX市場を征服するには…… テクニカルが一番よく効く!
外為(FX)市場は1日の出来高が1.9兆ドルを超える比類なき規模の世界最大の金融市場です。

従来はインターバンクトレーダーの独壇場でしたが、近年ではインターネット技術を基盤として個人トレーダーがこの素晴らしい――稼げる!――市場に直接参加することができるようになりました。本セミナーでは、テクニカル分析を融合した高確率なFXトレード法をお伝えします。

● 講師コメント ●

「為替トレードは難しい。」「勝つためには高度な技術が必要だ。」とお考えではありませんか?

実はプロのファンドマネージャーは、為替相場をよく理解した上で「簡単」「明快」「単純」な技術・思考だけで日々相場と戦っています。

ごく基本的なテクニカル分析手法を用いて、組み合わせ方を工夫するだけで、より確度の高いトレードが出来る方法をご紹介します。

スウィングトレードを基本として、その技術を応用したり新たな思考方法で行う短期のテクニックまで、実際にプライベートファンドの運用に使用している手法を解説します。

プロの実践テクニックを是非この機会に学んでください。

● プログラム ●

■為替相場の基本戦略

為替の相場”と言う物を理解する!

■実践的トレードの思考方法

明確な相場想定を行う
リスクの少ないエントリーを行う
方向性の確認
エントリーポイントの模索
エグジットポイントの想定
一目値幅観測

■トレンド分析
■マルチタイムフレームによるトレード
■短期トレードへの応用

※今回のセミナーでは、特に相場変動のダイナミズムを利用した短期売買方法などを解説します。




FXで儲けたい

FXでガンガン稼ぎましょう。
posted by 克つため at 05:34 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX短期トレードテクニックの極意 市場と通貨の特徴からトレードする

FX短期トレードテクニックの極意 市場と通貨の特徴からトレードする

# 一日に5回〜10回行う事をスキャルピングトレード
# 一日10万通貨単位で50ポイント〜100ポイントの獲得を目標としたトレード。

FXで儲けたい

FXでガンガン稼ぎましょう。







スキャルピングで100ポイントを稼ぐ!!

相場環境が激しく変化する為替取引において、
ファンダメンタルズ分析では、
各国が発表する経済指標を予測して相場を張ることは、
市場予測に比べて良いのか悪いのかの当てっこのゲームとなるため、
勝つことが難しくなる。

為替市場は、他市場と比べても多くの思惑が渦巻くため、
相場の先を読むなどということは難しいと言われている。

本DVDでは、市場の先を読むのではなく、

テクニカル分析により勝てるパターンを決め、
短期トレードで小さな利益を数多く積み上げるための、
普遍的に欠かせない特徴を分かりやすく解説する。

本DVDはFXを試行錯誤している初心者の方だけではなく、
中上級者も導入できる素晴らしいヒントが散見できるだろう。

DVD FX短期トレードテクニックの極意 応用編

短気売買は動きやすい通貨で勝てる勝負をしなければなりません。本DVDでは、変動しやすい時間帯や通貨の動き方の特徴などを把握して、いくつかのトレード方法を学ぶことができます。
応用編では、本DVDで学んだ特徴を抑えながら、相場の動きをとらえ、変動幅から目標利益金額や複数のインディケータを組みあわせエントリー/エグジットのタイミングを学びます。

■本DVDで学べること

* 一日に5回〜10回行う事をスキャルピングトレード
* 一日10万通貨単位で50ポイント〜100ポイントの獲得を目標としたトレード。
* 心理的にゆとりが持てる勝率を目指すトレード。
* 相場の変動パターンを利用した分析。
* 異なる市場の時間特性を考える。
* 通貨の特性を理解できる。
* トレンドフォロー戦略
* レンジ狙いの短期トレード
* レンジ・ブレーク戦略
* エントリ/エグジットポイント

■プログラム

1.短期トレードとは?

◎ 小さな利益を数多く積み上げるトレードである
× 短期間に大きな値幅を狙うトレード

2.短期トレード成功の秘訣

“塵も積もれば山となる”これが短期トレードの極意である!
※ 短期売買のコツ → 相場の変動を小さく切り取るパターンを決める!

1) 市場の時間特性を把握する
―オセアニア・アジア時間の特性(東京時間早朝〜15:00前後)
―欧州時間の特性(東京時間14:00頃〜東京時間21:00前後)
―ニューヨーク時間の特性(東京時間21:00前後〜翌日早朝)

2) 通貨の特性を把握する
―※ 通貨の特性とは?

3.レンジ狙いの短期トレード
4.レンジ・ブレーク狙いの短期トレード
5.トレンド・フォローの短期トレード
6.まとめ



ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄

エンジュク株投資セミナー
石田高聖の投資塾
posted by 克つため at 05:32 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年09月24日

DVD 兄貴流FXトレード術 酒田五法とスキャルピング手法

DVD 兄貴流FXトレード術 酒田五法とスキャルピング手法

リアルタイムのチャートを実況解説!
使える手法かそうでないかは、ご自身で直接ご確認ください!








■講師/兄貴からのコメント

このDVDでは、私のトレードの基本になっている部分をご紹介しております。
ローソク足の見方や酒田五法の見方、移動平均線の使い方等の基本的な知識と
トレードで勝ち残る為のメンタルの部分を、トレード初心者にもわかりやすく解説しております。

トレードで勝つ為のノウハウをどのように得ればいいのか?

これは誰でもが考える事だと思います。
この簡単な答えは「今、勝っている人から盗む」これが一番です。

世の中にはアナリストと呼ばれる人、世界経済に詳しい人、
ファンダメンタルズに詳しい人が数多くいます。しかし、詳しい人と勝っている人は違います。

現役のトレーダーとして、現在私がどのように売買して勝利しているのか?
何を考えて相場を見ているのか?

という私のトレードノウハウをチャートや取引履歴を交えて、嘘偽りなくご紹介しております。

兄貴

■プログラム

1.チャートの基本

* ローソク足の見方
* 覚えておきたい基本的なカタチ
* 酒田五法の基本
* 組み合わせのパターンを覚える
* 移動平均線の基本
* 相場の流れを知る

2.スキャルピングトレード手法

* トレード検証
兄貴の過去のトレードを実際のチャートと共に検証

* 酒田五法のパターンを探す

* トレードの要はリズム
陰線・陽線のリズムを知り、1,2,3でトレードする

* エントリーとクローズのポイント
酒田でエントリーして、決済の目標値を移動平均線で予測する。

3.リアルチャート検証

4.メンタルコントロール

* 気持ち次第でトレード脳が動き出す
* 損失とメンタル
* 資金管理



FXで儲けたい
FXでガンガン稼ぎましょう。
FXピボットで楽チン・簡単トレード
posted by 克つため at 05:25 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

待つFX〜1日3度のチャンスを狙い撃ちする〜

待つFX〜1日3度のチャンスを狙い撃ちする〜

相場に勢いをつかんで勝負する
損小利大の売買をメタトレーダーで実践








私たち素人が市場からお金をもらえるときは
きちんと動いている(勢いがある)ときだけです。

本書で紹介する方法は、「MetaTrader4」を使った驚くほどシンプルなものです。難しい考え方や手法はひとつもありません。あえて極論するならば、方法さえわかれば、小学生にでもできるようなものだと思います。なぜなら、すべきことが決まっているからです。

本書のテーマは、タイトルからもわかるように「待つ」ことです。勝負に出て負けてしまうときは、多くの場合、勢いがない(動かない)ときにエントリーしてしまうことだと著者は語っています。要するに、簡単にエントリーしすぎるからうまくいかないのだと。このことを踏まえて、“勢いのある(動く)時間帯まで待って、実際に勢いがついてからエントリーしてください”と本書では強調しています。

ここで、「実際に、勢いがつく時間帯は1日に何度ほどあるのか」といった疑問が出てくるかもしれません。このことについても、詳しく触れています。答えを先に言ってしまえば「9時〜11時前後」「15〜18時前後」「23〜24時前後」の3つになります。これらは、机上の空論から出た結論ではありません。著者が何年も書きためたノートを分析して導き出し、結果を残してきた結論です。

さらに、勢いがついたか否か(相場が動いているか否か)をとらえるにはどうしたらよいのかについてもページを割いて解説しています。ここで見るべき指標は「ADXDMI」と「BBand Width Ratio」の2つです。この2つがどういう動きをすれば「勢いがついていると判断できるか」について何度も何度も解説しています。

本書では、命題でもある「勢いをつかんでからエントリーする」というメッセージが少しでも多くの方にわかりやすく伝わるように以下の構成にしてあります。

第1部:第1章〜第3章
「FX を始めるならば知っておいてほしいこと」として、簡単にエントリーしてはいけないことや、私が毎日確認している情報などについて紹介しています。

第2部:第4章〜第8章
「えつこ流FXの実践方法」として、勢いをつかんでエントリーする方法や決済の仕方、枚数の増やし方、行動プログラムなどの話を展開しています。

第3部:第9章〜第10章
「知識を“技”に昇華するために」として、チャートに慣れるための練習方法や、本書の内容をきちんと理解したかどうかを確認させる問題集を載せています。

このほかにも、「1日、どう行動すべきか」をあらかじめ確認できるチェックシートや、●月○日にはどう動くべきかを説明した「FXカレンダー(2010年8月〜12月まで)を特典として載せています。

今、思うように利益が出せていない人、利益も出せるが損失も出してしまう人など、“うまくいっていない”と感じている人は、ぜひ本書を手に取ってください。何かのきっかけになると思います。


著者紹介
えつこ
毎月10万円からスタートして、月末には数百万円にまで膨らませる専業主婦トレーダー。 SEとして銀行や証券会社に勤務し、その後、ソフト開発の会社も経営していたが、息子を妊娠後、専業主婦になる。今は専業トレーダーとなり、相場の勢いをつかむ方法を独学で学び、毎日トレードに励んでいる。FXの利益で、発展途上国の子供たちや貧困層を援助する財団を設立することが夢。

目次
序章

* FXとの出合い
* 初期のトレード
* チャートに取り組んだ日々
* ノートに記録をつけ始める
* ノートに夢を書き続けた日々と、レンジ相場の対策ができない日々の繰り返しで……
* FXをして利益を上げている人が身近にいない。FXについて話せる人もいない
* 2年目のある日。腹が立って、私はノートを破った!
* 私の質問に答えてくれたブログのおかげで立ち直りのきっかけが見えてきた
* ADXDMI とBBand Width Ratio との出合いで謎が解けた!
* 本書の構成

【第1部】FXを始めるならば知っておいてほしいこと
第1章 FXは簡単に勝てる投資ではない

・市場は生きている
・簡単にエントリーしてはいけない
・損をするのになぜ何度もエントリーしてしまうのか
・市場はあなただけを見ていない

第2章 スキャルピングをする場合は相当な覚悟が必要なことを理解しておきましょう

・1分足スキャルピングをメインにしていたころ
・スキャルピングには体力が必要
・超スキャルピングは私には無理です
・「損もよし」としてはいけない

第3章 トレードする時間をマネジメントしましょう〜タイムマネジメントについて〜

・マーケットの特徴からトレードする時間を見極める
・トレードのタイムマネジメントをする
・各国のマーケットオープン時間を知る
・トレンドの発生しやすい時間帯を知ってください
・各国での休日について
・ゴトー日の値動きについて
・ずっとレンジ相場だった場合にはどうするのか
・前日のNYダウの動きを把握すること
・主な指標とその前後の動きを知りましょう
・ファンダメンタルによる予想
・3月・4月・8月・12月について
・1日の値幅について


【第2部】えつこ流 FXの実践方法
第4章 勢いをつかむ方法
〜勢いをつかんでからエントリーする〜

・FX=ギャンブル性が高い理由
・安心してトレードするために必要なこと
・勢いがあるときとは
・市場の勢いをつかむ戦略を確立しておく
・それでも逆に動いたとき
・大きく動いた後、これは特に難しい
・勢いをつかむ範囲
・エントリーのステップについて

第5章 決済の基準と損切りについて
〜欲張らずに、機械的に〜

・決済のタイミングはボリンジャーバンドで
・決済の数字的目安
・決済するときに思い出してほしいこと
・損切りについて
・エントリーしてから決済までの緊張
第6章 どういうときに枚数を増やすのかについて

・簡単に枚数を増やしてはいけない
・月初は枚数を増やしてはいけない
・第2月曜日に枚数を増やしてはいけない
・私の枚数の増やし方
・私が大きく枚数を増やすとき

第7章 FXの行動をプログラムしましょう

・FXトレードの行動をプログラムする
・トレードルールに対する姿勢
・怠ったときに損をした
・コラム:サラリーマンの方がFXに取り組むには

第8章 事例紹介
〜私のある日の動きとモニターさんの感想〜

・2010年7月6日(火)のトレード
・2010年7月7日(水)のトレード
・2010年7月8日(木)のトレード
・行動プログラムを実行した実践者の感想


【第3部】知識を“技”に昇華するために
第9章 チャートに慣れてください
〜チャートに慣れる練習をしよう〜

・チャートの動きには慣れたほうがよい
・Strategy Testerで練習する
・Strategy Testerを表示する
・何を練習するのか

第10章 確認問題集
〜本書の中身を簡単にCHECK !〜

・トレード前の準備編
・トレード時間のタイムマネジメント
・エントリーのタイミング
・決済のタイミング
・損をした場合と利益が取れた場合の行動
・トレード後の行動

まとめ
苦労して頑張って
本当に良かったと思える毎日です

・時間と気持ちに余裕を持ってトレード
・実際の私のノートです
・ブログを活用
・今後の展望

特典1
「毎日、どう動くべきか」がチェックできる
行動プログラムチェックシート

特典2
●月●日にどう動くべきかが一目でわかる
FXカレンダー(2008年8月〜12月)

巻末付録
メタトレーダー4の使い方について
よく聞かれる質問集

あとがき



FXで儲けたい
FXでガンガン稼ぎましょう。
本物のFX売買履歴配信サービス
posted by 克つため at 05:19 | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本株・中国株・BRICs・FX有料メール会員獲得、セミナー
人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。