学んだ“つもり”では終わらせない【株式投資スクール マナカブ.com】

2007年06月06日

ブラックロック・US・ユーロ債券ファンド

ブラックロック・US・ユーロ債券ファンド
米ドル&ユーロ、世界の2大通貨で運用される公社債に投資!

マネックス証券では、2007年5月31日(木)より、
ブラックロック・ジャパンが運用する
「ブラックロック・US・ユーロ債券ファンド」
の販売を開始いたしました。


米ドル建て、ユーロ建ての公社債に投資し、着実な成長と安定した収益の確保を目指した運用を行います。


2007年5月31日(木)設定の、マネックス専用の新しいファンドです。お買い求めいただけるのは、マネックス証券


だけ!


お申込みは1万円から可能です。



 ブラックロック・US・ユーロ債券ファンド


  ポイント

・ 米ドル建ておよびユーロ建ての公社債を主要投資対象とします。米ドル建てとユーロ建て資産への通貨配分はそれぞれ50%程度を基本とします。
・ 国債、政府機関債、社債、MBS、CMBS、ABS等の多種多様な公社債に投資をします。
・ グローバルに展開するブラックロック・グループの各国拠点が当ファンドおよび投資対象ファンドの運用を行います。
・ 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
・ ファンド・オブ・ファンズ形式で運用します。
・ リーマン・ブラザーズ 米国総合インデックス(円ベース)およびリーマン・ブラザーズ ユーロ総合500mmインデックス(円ベース)を50%:50%の比率で独自に合成した指数を参考指数とします。



  運用会社のコメント

・ 外債投資の運用のポイントは、債券と為替です。
為替についてはシンプルに2大通貨のドルとユーロで分散しています。そして債券については、長年ブラックロックが強みとしている運用の1つであり、その強みを活かし安定的なリターンを目指していきます。

・ 国債だけではなく、MBS、CMBS、ABSに投資をすることにより、高格付けを維持しながら国債+αの利回りを目指します。


 マネックス証券


専用ファンド

ブラックロック・US・ユーロ債券ファンド

米ドル建て、ユーロ建て資産への
通貨配分はそれぞれ50%程度を基本に運用

■ 債券投資による通貨分散を体現したファンド。


  ブラックロック・US・ユーロ債券ファンドの詳細は、

   マネックス証券


で、ご確認ください。
日本株・中国株・BRICs・FX有料メール会員獲得、セミナー